「Yahoo!!」1年の中でカルガリーが1番盛り上がる「スタンピード」の季節がやって参りました!10日間のみのカウボーイにちなんだお祭りですが、カナディアンは勿論の事、多くの観光客で街中大賑わいです。

f0151671_7362375.jpgf0151671_738485.jpg










スタンピードが始まる前からビルのガラス窓には、カウボーイ・牛・馬などのペイントがなされていて、ワクワク感が込上げて来るんですよ。

f0151671_7494185.jpgf0151671_7495773.jpg








4日(金)には初日にふさわしいパレードが行われ、沢山の人達で沿道が埋め尽くされました。

f0151671_752568.jpg

今年も入場料が無料となる6日(日)に、沢山のイベントが開催されているスタンピードパークへサクセスカナダのメンバーさん達と行き、

f0151671_7574829.jpg時間以内に羊をオリに追込む犬にドキドキ・冷や冷やして盛り上がり、タレント性抜群の犬達が集まるドッグショーを観て楽しんで来ました。




f0151671_8292329.jpg
f0151671_8184598.jpg









アトラクションも多彩でどの乗り物も長蛇の列でした。特に朝食のパンケーキが無料で食べれるチケットをゲットした人達の行列は、どこからどこまで続いているのか分からない位の長さでしたよ!
f0151671_810219.jpg


f0151671_8265966.jpg
f0151671_8115226.jpg








スタンピードの詳細はこちら→http://calgarystampede.com/

サクセスカナダのウェブサイトもご覧下さいね!
http://www.successcanada.ca/
[PR]
先日、在カルガリー日本国総領事館で行われた「安全対策協議会」にサクセスカナダが招かれましたので、出席して参りました。
今回の議題の1つとして、「ウエストナイルウイルス感染」が上がりましたので、ご報告しますね。

≪ウエストナイルウイルスについて≫
①感染源
ウエストナイルウイルスはウイルスに感染している蚊(イエカ、ヤブカ等)に刺される事で感染します。

②症状
ウエストナイルウイルスに感染し、発祥した状態がウエストナイル熱と言われるものです。発祥するのは20%程度で80%の人は無症状です。
ウエストナイル熱は通常2~6日間の潜伏期間の後、突然の発熱(39度以上)で発症します。3~6日間の発熱、頭痛、背部の痛み、筋肉痛、食欲不振などの症状があり、約半数で発疹が胸部、背、上肢にみられます。症状は通常1週間以内で回復しますが、その後倦怠感が残る事も多くあります。
又、ウイルスが脳に感染して更に重篤な状態となるのがウエストナイル脳炎で、激しい頭痛、意識障害、痙攣、筋力低下、麻痺などの症状が数週間続き、後遺症が残る事もあります。ウエストナイル脳炎はウエストナイル熱感染者の約1%と言われていますが、特に高齢者に多いようです。

③予防方法
現在の所、ウエストナイルウイルスに対するワクチンはありません。又、ウエストナイル熱やウエストナイル脳炎に対する特効薬も無く、症状を軽減する為の対症療法が中心となっています。蚊に刺されないようにする事が最大の予防策です。屋外に出る時は、虫除けスプレーを利用したり、出来る限り長袖、長ズボンを着用するようお勧めします。

カナダの最新の感染者数等についてはカナダ公衆衛星庁のホームページに随時掲載されていますのでご確認下さい。
http://www.phac-aspc.gc.ca/wnv-vwn/mon-hmnsurv_e.html

今期は例年と比べて雨が多かったですよね。その為水溜りも多く蚊の発生率が高いそうです。刺されないのが1番の対策ですが、「保険加入」も大切な事です。自分は大丈夫、と思わず、保険には必ず加入しましょう!
[PR]
f0151671_223231.jpgLSCは会話を中心に、英語の4技能(読む・書く・聞く・話す)をしっかりと勉強できる学校の一つです。もともと国籍のバランスがしっかりと取れた学校ですが、ここのところ日本人比率は6%前後を推移していますので、「できれば多国籍のお友達がたくさん欲しい!」といった方にも最適な学校です。


注目① ワーホリの皆様、必見!お仕事準備コース

Work Place Readinessのコースは、午後の2時10分~4時45分まで行われるコースです。本来は、LSCでインターンシップに参加をされる方の準備コースとして用意されているプログラムですが、ワーホリでお仕事探しをされる方にも、大変役に立つとの事で、今だけ受講が可能です!※

こちらのコースでは、英文履歴書の書き方や英語での面接練習はもちろん、カナダの職場環境やビジネス上でのエチケット、また電話での応対の仕方など、英語でお仕事をするにあたって必要とされる知識やスキルを4週間の集中講座で身に付ける事が出来ます。午前は会話や英語の4技能をしっかりと強化し、午後にはお仕事準備コースを受講することで、「カナダでの初めての就労経験だけどどうしよう?」と心配されている方の心強いバックアップになる事、間違いなしです!

注目② Co-op(インターンシップ)プログラムf0151671_2271349.jpg

LSCのCo-opプログラムは、普段なかなか得る事の出来ない、オフィスでの就労経験を提供してくれます。無償であるためお金はもらえませんが、カナディアン・オフィスでの貴重な経験は、日本で皆様が近い将来、お仕事探しをする際の大きな礎となることでしょう。「これまで英語を勉強してきて、一歩進んだ経験をしてみたい」といった方や、「もうすぐワーキングホリデービザが切れるけど、できればオフィスでの就労経験を日本に持ち帰りたい」といった方にピッタリです。

f0151671_2251263.jpg今、サクセスカナダ留学センターを通してLSCへお申し込みをされると、入学金&授業料が20%オフとなりますので、この機会をお見逃しなく!!皆様の学校に通われたい期間に応じてお見積もりが可能ですので、ご希望の方はサクセスカナダ留学センターまでご連絡ください。

http://www.successcanada.ca/

※コース開講についてはサクセスカナダ留学センターまでお問い合わせください。
[PR]
5月10(土)に、カルガリー大学の体育館でフロアーホッケーをして来ました!
フロアーホッケーは名前の通り、アイスリンク上のホッケーではなく、運動靴で
気軽に楽しめるスポーツですので、初めての方でも簡単に楽しめます。
f0151671_2513952.jpg

f0151671_2553621.jpgまずは各自で準備体操、そして2チームに分かれてカナディアンから指導を受けたりと念入りな作戦会議。
その後実際にスティックとボールを使って練習をし、さぁ試合開始!
男性に負けず、女性陣も頑張りましたよ。

f0151671_2563534.jpg
一生懸命ボールを追いかけてスティックで打っていましたので、筋肉痛になりましたが、日頃の運動不足を解消出来ましたよね。



カルガリーはこれからカラッと気持ちの良い晴天が続きますので、サクセスカナダ
でも夏のイベントを沢山ご紹介して参ります。
お友達を誘われて、色々なイベントを楽しんで下さいね!

サクセスカナダのウェブサイトもご覧下さい。
www.successcanada.ca
[PR]
f0151671_753443.jpgカルガリーの人気スポット、ケンジントンで4月29日にコンサートが開催され、サクセスカナダのメンバーさん達と一緒に行ってきました!カナダ人のSteve君が、今回は企画運営をしてくれ、お洒落な雰囲気が漂うケンジントンでのミニツアーとコンサートをたっぷりと楽しめましたよ。

f0151671_76919.jpg当日は、電車の駅で待ち合わせをし、少し肌寒かったので、まずはカフェへ。その後、カナダでも有名な高級チョコレートBernard Callebaut のお店も覗いてみました。かわいいメープルリーフやカウボーイハット型のチョコレート、ちょっと贅沢なリキュール入りのチョコレートやトリュフ、見ているだけでも楽しい気分になります。そして、やはりスウィーツといえばCrave Cookies & CupcakePOPな店内には、色とりどりのケーキやクッキーが所狭しと並び、どれもおいしそう!ケンジントンでのお勧めスポットです。

次は、待望のコンサート!日本の伝統音楽のコンサートという事もあり、日本に興味があるカナダ人も沢山来ていました。三味線とピアノの競演や日本舞踊に太鼓など、日本の伝統音楽を通して、日本文化の豊かさを感じる事が出来る、とても迫力あるコンサートでした。また、日本とカナダ両国でも馴染みのある歌やメロディーも多くあり、時には一緒に口ずさんだり、音楽を通して文化交流を図れるよい機会となりました。f0151671_7121454.jpgf0151671_795345.jpg







コンサートが終わった後には、ステージで素晴らしい三味線を披露して下さった沖縄出身のバンドメンバーにも出会い、一緒にパチリ!よい思い出になりました。
f0151671_710690.jpg
またカルガリーでこうした機会があれば、サクセスカナダより皆さんにお知らせ致しますね!尚、毎月のイベント情報は、こちらでご確認頂けます。→ サクセスカナダイベント情報
[PR]
f0151671_25708.jpg3月28日(金)午後4時からイースターエッグペインティングを行いました。今回も多くの方にご参加をいただき、大いに盛り上がりました。まず、ボランティアの生徒さんによるイースターとは何かについての英語でのプレゼンテーションでスタートし、その後、参加をしていたカナディアンの方々からもイースターの思い出を伺うことができました。こちらカナダでは、子供の頃にはイースターエッグペインティングはもちろん、天気のよい時は庭全体に隠された卵を探す「エッグハンティング」を行うそうです。(天気の悪い場合は家の中でこの“卵探し”を行うのだそうです。家具の後ろや観葉植物の根元などに隠されているものを探し出していくのはとても楽しそうですよね!)

イースターはキリスト教で数ある行事の中でも重要な意味を持つものの一つです。“卵”はイエス・キリストの復活を象徴し、また“イースター・バニー”は多産の象徴でもあるともいわれています。

f0151671_312690.jpg初めてエッグペインティングをされる方も、カナディアンに教わりながら色水に卵をいれて全体的に色をつけたり、ペイントで塗ったり、シールを貼ったりと工夫をしてきれいにペイントされた卵が完成しました。みんなで鑑賞会&自分の好きな卵の投票を行い、ピンクのウサギ柄に卵をペイントしたものに一番投票が集まりましたが、どれも力作で甲乙つけがたいものでした。

f0151671_301195.jpgサクセスカナダ留学センターでは今後もこういった楽しめるイベントをご提供してまいりたいと思います!!








サクセスカナダ留学センター→http://www.successcanada.ca/
[PR]
先日、在カルガリー日本国総領事館で行われました安全対策協議会に、サクセスカナダはお招きを頂きましたので、出席させて頂きました。

今回議題に上がりました、「アルバータ州の運転免許証取得に関して」の内容をご案内しますね。
90日以上のビザ(ワーキングホリデービザ・学生ビザ・ワークビザ)を保有されている方が取得可能なのですが、その際に、日本の運転免許証が没収されるのか、それとも提出しないで良いのか、疑問に思われた方もいらっしゃる事と思います。

在カルガリー総領事館から、「アルバータ州の運転免許証を取得する際、日本の免許証は没収されるが、その後に没収された運転免許証が総領事館へ返却される」と説明がありました。

その後、総領事館より詳しい情報が入りましたので、以下の内容をご参照下さい。

昨年からアルバータ州交通安全法(Traffic Safety Act)に基づき、日本の運転免許証からアルバータ州の運転免許証への切り替えの際に、アルバータ州政府当局の窓口にて日本の運転免許証は没収されることとなりました。

当館はアルバータ州内にお住まいの在留邦人の方々の利便性を考慮して、アルバータ州政府当局と折衝を重ねた結果、今後は窓口において没収後、一定期間(2ヶ月程度。没収された免許登録所の場所によって時期が若干異なります。)をおいて当館に当該運転免許証が返却されることとなりました。

基本的にアルバータ州から返還のあった運転免許証は速やかに名義人ご本人へお返しすることとしますので、皆様の運転免許証を当館が保管しているかどうかについて下記連絡先までご照会下さい。免許証は当該免許証の有効期限まで当館において厳重に保管されます。免許証の返還方法につきましては、身分証明としての重要性及び名義人ご本人への確実な返還に鑑み、原則として当館窓口による直接受け渡しになります。

また、この結果を受けてアルバータ州政府当局よりこれまで没収していた運転免許証が当館に返還されてまいりました。こちらも原則として上記と同様の取扱いとなります。

なお、本件措置に関しましては、あくまで特例措置であり、アルバータ州交通安全法その他の法令に従うのは当然です。仮に一国一人一免許制をとっているアルバータ州において、今回返還された日本国運転免許証を使用したこと等により、何らかの形でアルバータ州の当局からその国の法令に従い不利益を被ることになったとしても、当館を含め日本国政府は一切責任を負うことは出来ませんので、予めご了承願います。


以上となります。
上記に関する詳細及び問い合わせ等は、在カルガリー総領事館へご連絡下さい。
consular@conjapan.ab.ca

サクセスカナダのウェブサイトも是非もご覧下さいね!
www.successcanada.ca
[PR]
2月20日(カルガリー時間)の午後8時位に、ここカルガリーで
皆既月食を肉眼で観測する事が出来ました!

f0151671_10382720.jpgf0151671_10384333.jpg






皆既月食とは、地球の影が月と重なって月が欠けて見える現象です。
もちろん常に観測出来る事ではありませんので、観測出来た方は
とてもラッキーでしたよね!
サクセスカナダのオフィスでも、「観れて嬉しかったです!」と
おっしゃる方が多かったですよ。

ちなみに左の写真は午後7時45分頃に撮り、右は午後8時に撮った
ものです。

写真から分かるように、オレンジ色のまんまるな、何とも綺麗な
現象でした。

サクセスカナダのウェブサイトもご覧下さいね。
www.successcanada.ca
[PR]
# by successcanada | 2008-02-21 10:31 | カルガリー
インターン留学を経て、見事カルガリー大手のデザイン事務所に、インテリアデザイナーとして就職されたYUMIKOさん。様々な事に積極的に挑戦し、いつもキラキラと輝くYUMIKOさんと会社の同僚達がボランティアで手掛けた、メキシコ小村での生活援助プロジェクト。その展示が、2月22日からGlenbow Museumで始まります。YUMIKOさんの留学体験記を読む

【展示の趣旨】
f0151671_9485121.jpg現在、スーザン・スミスという女性が、メキシコのタラマカザパという村で、ボランティア活動を行っています。その村は、山の中腹に位置し、設備が余り整っていません。

毎日、水を汲みに山の中を歩いて井戸に行き生活をしています。(井戸と言っても、洞窟の中の水溜りのようなところ) そして、その水は重金属を数種類含み、村人の体を蝕んでいます。

貧しさゆえに未来に希望を見出せない村人たち。男性は、少々のお金が入るとお酒を飲み、暴力を振るいます。そして女性達は、ただ必死に日々を生きています。

スーザンさんは、そんな女性たちの生活や地位向上のための活動を行っており、今回YUMIKOさんが属するRiddell Kurczaba Ltd.の会社が、医療・出産・教育センターの設計を行い、協力しました。現地で使用可能な設備の中で、安全で便利な生活が送れるように考えられています。(例:雨水を確保する設備など)



前日(21日)の午後7時からは、展示OPEN式典とチャリティセールも行われます。この日に限り、無料でご入場頂けますので、ご興味がおありの方は、サクセスカナダまでお知らせ下さい。→ www.successcanada.ca

展示は、9月まで行われています。→ Glenbow Museumウェブサイト
[PR]
2007年、ここカナダでお仕事をされていた方で、雇用主からこれから「T4」と呼ばれる用紙をもらわれる方が殆どかと思います。これは、2007年にいくらお給料をもらったか、また、いくら税金をカナダ政府に納めたかを示す用紙となります。

カナダでは、このT4を基にして、前年の収入と支払った税金についての確定申告を行い、その結果をもって税金の還付がされるようになります。

申請については、カナダの税務署に当たるCanada Revenue Agencyに書類を提出することで完了するのですが、この申請書類の記入が、英語で書かれている上に、書類記入そのものに不慣れな私たちには難しく、申請をあきらめてしまう方も多く見受けられます。

そこで、サクセスカナダ留学センターでは、2007年分の申告分より、申請のお手伝いを始めることに致しました。料金はC$40(複雑な申請は要相談)となります。実際の申請は、カナダのプロの公認会計士(Certified General Accountant)にお願いしますので、申請書類の作成から提出まで、安心して確実に手続きを進める事が出来ます。(個人でプロの方にお願いをすると、通常C$70~100するようです。)

なるべくタイムリーに皆様のお手伝いが出来る様、全5回の締め切り日をサクセスカナダ留学センターでは設けておりますので、ご希望の方は、必要書類を間に合うようにサクセスカナダ留学センターまでお持ち下さいね。(カナダの税務署が設定している申請最終締め切り日は、2008年4月30日となっています)

<サクセスカナダ留学センターでの受付締切日>
第1回締め切り:2月28日(木)
第2回締め切り:3月13日(木)
第3回締め切り:3月27日(木)
第4回締め切り:4月10日(木)
第5回締め切り:4月17日(木)

必要書類等、詳細につきましては、サクセスカナダ留学センターまでお問い合わせ下さいませ。
www.successcanada.ca
Calgary@successcanada.ca
[PR]