カルガリーでは日本人は少数民族?

皆さん、こんにちは。先週のカルガリーは、気温が30度近くに上がる日があるなど、例年と比べて少し様相が違う初秋となっていますが、いかがお過ごしでしょうか。

さて、今回は、ここのところ、各学校の日本人比率が低いとよく耳にしますので、実際はどうなのかについて調べてみました。

カルガリー市内にある私立の語学学校の日本人比率を見てみると、平均14%となりますので、100人の生徒さんがいる学校ですと、日本人は14人という計算になります。また、ある学校では、日本人比率が4%という時期もこの秋にあるようですので、その場合は、100人中たった4人という計算になります。バンクーバーやトロントの学校では、日本人比率が40%以上という学校もありますので、カルガリーにある学校と比較すると大きな差になりますね。

カルガリーはまだまだ白人の占める割合が多く、英語漬けの環境で留学を実現出来るという点でも、大変魅力的な街です。また、カルガリーは、日本人が少ない上に、税金も低く、物価も他都市に比べると安いため、コストを抑えて留学を満喫出来るのも大きな利点です。

カナダ国内でもアジア人の多い地域にいると、自分が日本にいるような錯覚を起こす事もありますよね。カルガリーでは、自分の英語力にしか頼る事が出来ない環境ですので、せっかく「多民族国家・カナダ」にいるからには、「日常的に肌で感じる海外体験」を皆さんにも楽しんで頂ければなと思います。

サクセスカナダ留学センター→http://www.successcanada.ca/
[PR]
by successcanada | 2009-09-29 08:32 | カルガリー